土佐錦稚魚3日目



土佐金(錦)トサキン

孵化したブラインシュリンプを長持ちさせる

更新日:

土佐錦の稚魚の孵化3日目です。

孵化3日目からブラインシュリンプを与えます。

餌を与える前に撮影しました。


ブラインシュリンプを前日の朝から孵化させています。

私は水1ℓに塩25gヒーターを28℃に設定して孵化させています。

24時間で孵化します。

ブラインシュリンプは、昨年に師匠から頂いて残ってたのを冷蔵庫で保管していました。

1年前のブラインシュリンプの卵ですが、孵化率も悪くないです。^^
ブラインシュリンプ

スポンサーリンク

Sponsored Link

こちらはシュリンプを与えた直後です。


今年からブラインシュリンプを長持ちさせるために、稚魚のトロ舟に塩を0.15%入れています。

これは近所のランチュウ愛好家の方が実践されていて教わりました。

朝7時に与えたシュリンプが、昼過ぎまで死なずに持ちます。

あまり塩分濃度が高いと金魚の成長に影響があるらしいので、0.3%が最適かと思われます。

これで朝にブラインシュリンプの大量投入が可能になりました。^^

Sponsored Link

Sponsored Link

ore
金魚ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-土佐金(錦)トサキン
-, , , , , , ,

Copyright© らんちゅう&土佐錦(トサキン)金魚のいろいろ教えます! , 2020 All Rights Reserved.