金魚の病気

金魚の病気治療と予防には塩治療

更新日:

P4070009
金魚すくい等で入手した金魚がすぐ死ぬとか言われますが、金魚すくいの状況を想像して下さい。

金魚をすくうために、人の手が金魚の水の中に入ります。

そこで沢山の人の手に付いているが水中に入ります。

金魚は菌の中を泳いでいるのです。

そこで、入手した金魚をすぐに水槽に入れてはいけません。

バケツ等にカルキを抜いた水を用意して水温をあわせて

入手した金魚を入れます。

そこに0.5%~0.8%入れます。

1リットルで5gから8gです。

その状態で3日から7日間飼育します。

元気な様ならその後水槽にいれます。

これで水槽の他の金魚に病気が移る事を防ぎます。

金魚の様子がおかしいとか病気かなと思ったら、隔離して餌を与えず治療しましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

ore
金魚ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-金魚の病気
-, , , , , , ,

Copyright© らんちゅう&土佐錦(トサキン)金魚のいろいろ教えます! , 2020 All Rights Reserved.