金魚の飼育方法

水かえの回数を減らす?

更新日:

DSC03697
DSC03698
友人から1つプレゼントされた「エコ・バイオリング」です。

今まで使用した事はありません^^;

商品説明:CのBB菌は、バチルス菌という納豆菌の仲間の微生物を数種類集めた微生物群です。

1種類ではなく、数種類の菌を集めることでより高い効果を実現しています。

常温で最も有効繁殖しますが、水温10~65℃、pH3の強酸性からpH11の強アルカリ性まで生存可能です。

真水・海水のどちらでも使用可能です。

スポンサーリンク

Sponsored Link

■本品を流水でよく洗い流します。
バケツ、洗面器等の容器に水を張り、本品を一晩浸け込み、水に馴染ませます。
本品を取り出し、流水でよく洗い流します。浸け込んだ水は捨ててください。
水替え、掃除のタイミングで本品を水槽に投入して下さい。
きれいな水でスタートすると水質が安定するのが早いです。

■本品は、水質浄化を目的とした商品です。
他用途へのご使用はご遠慮ください。
BB菌は、有機物を分解する能力に優れています。
分解後の有機物の除去には循環ろ過装置の併用、定期的な底面掃除をしてください。
本品を設置後、魚に異常がみられたときは、直ちに本品を引き上げ、水替えをしてください。(環境の変化に敏感な魚への使用の際はご注意ください)

■高級魚、珍しい魚には使用しないでください。
洗浄が不足していると投入直後にアクの発生や、pH変化が見られる場合があります。
魚の種類によっては使用をご注意ください。

■水槽は、できるだけ陽の当たらないところに設置してください。
殺菌灯の使用は避けてください。

■本品を落下させて破損させたり、ケガをしないようにご注意ください。

■本品は、水質浄化を助けるもので、コケや藻類の発生を抑制するものではありません。

■魚は急激な水質の変化に敏感です。
魚が心地よく住める環境を作ってあげることが大切です。
水質の変化に特に敏感な魚は、変化に対応できないこともあります。
投入直後は魚の状態をよく観察し、少量ずつ水替えをしながら水質の安定を確認ください。
水質が不安な場合は、パイロットフィッシュ(試験用の雑魚)にて水質の安定を確かめてからご使用ください。

■BB菌は、活動に酸素を必要とします。
必ずエアレーション、循環ろ過器を併用ください。

■ガラス面や底に溜まった分解カスは定期的に掃除をしてください。

■蒸発分の水は、補給してください。

30cm~90cm水槽に1個投入で1年間効果があると書かれています。

う~ん。クチコミを見ると賛否両論ですね^^;

水質が安定するまで2週間ほど、かかるみたいなので、使用するならパイロットフィッシュで確かめてからの使用が無難でしょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

ore
金魚ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-金魚の飼育方法
-, , , , , , ,

Copyright© らんちゅう&土佐錦(トサキン)金魚のいろいろ教えます! , 2019 All Rights Reserved.