桜錦



金魚

桜錦(さくらにしき)

更新日:

九州大金魚博覧会の展示魚、桜錦です。

深見光春氏によって、江戸錦とランチュウの交配で作り出された品種。

鱗は、モザイク透明燐です。
桜錦
桜錦

スポンサーリンク

Sponsored Link

桜錦
写真の説明文

透明な鱗に透けた赤い色素が、ちょうど桜の花のようなので桜錦と名付けられました。

愛知県の深見養魚場で誕生したこの金魚は、比較的新しい金魚で、
平成8年に日本観賞魚振興会理事会で承認され、新種として認められたのです。

これ以降、金魚業界は桜ブームが訪れ、同じような表現で桜東錦や、桜琉金、桜コメットなど次々桜の名前を入れた金魚が市場に出てくるようになりました。

Sponsored Link

Sponsored Link

ore
金魚ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。



人気記事

-金魚
-, , , ,

Copyright© らんちゅう&土佐錦(トサキン)金魚のいろいろ教えます! , 2019 All Rights Reserved.